真っ向から向き合う

医療介護現場の人手不足が顕在化しています。その要因としてクローズアップされているのが3Kです。現場における3Kは、「きつい」「汚い」「危険」などといったことを表現する言葉であり、単語を見ても分かる通り、一般的にはあまりいいイメージをもたれないでしょう。
その中においても、あえてこの厳しい現場で悪戦苦闘しながらも活躍する人がいることを忘れてはいけません。日本における高齢化社会の進行という事態の中で、日々仕事に邁進する人がいるのです。医師や看護師、介護士などの医療介護現場で働く人には、曜日の感覚がないという人もいます。その背景にあるのが、24時間365日絶えず変化する過酷な現場です。人の命を扱うその現場には、時間帯や曜日などは関係ないといえます。患者の容態が急変することも多く大変ではありますが、それだけにやりがいがあるとも言えるでしょう。
3Kといえば、マイナスなイメージが多いかもしれませんが、あくまでもポジティブに捉えるということも必要といえます。積極的に厳しい現実に向き合うことによって、その事態を自身にとってプラスに変えるということもできるのです。
残念ながら今のこの時代、医師や看護師、介護士などの医療介護現場を担う若手は、大幅に不足していると言われています。3Kという世間からのマイナスイメージもありますが、様々なサポートが不足しているということもあるでしょう。国民だけではどうにもならない問題でもあるので、この現状を変えるために国や行政には早急な対応を求めたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です