好きな仕事なら耐えられる

自分が心から好きだと言えるような仕事であれば、3Kでも耐えることができます。冷静に自己分析をして、得意分野が何になるのかを考えておきましょう。その上で仕事を選ぶようにすれば、問題なく続けられる理由が生まれます。
3Kはいわゆる「きつい」「汚い」「危険」というものですが、それらは給料が良かったり、人間関係がうまくいっているなどの他のプラスの要素があれば、慣れてからはわりと気にならなくなるものです。実際、社会に出ればそういった現場はいくらでも存在するので、最初のうちは負けないようにしましょう。
男性に限らず、男性に負けない位に大きく稼ぎたいという女性であればなおさらではないでしょうか。女性だからといってへこたれるのではなく、むしろ堂々とそういった現場と付き合えるようになりたいところです。実際にそのような現場で働いている女性はたくさんいますし、結果として大きく稼いで生活を安定させていたりするでしょう。
3Kの仕事はトラックの運転手や工場での勤務など、数えればキリがないくらいにたくさんあります。しかし、どこか報われるようなところがあれば長く続けることができるので、そこまで敬遠するものではないでしょう。自分ができることをとにかく理解することが重要なので、就職する前に早い段階で自己分析を完了させることがとにかく大事です。苦手なジャンルの仕事でしかも3Kの現場であれば確かに長くは続きませんが、最前線で活躍できるほどの得意分野であればその限りではないでしょう。上手に仕事を選んで、劣悪な職場環境でも負けない人間になりたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です