看護師の職場の場合

一般的に看護師の仕事は、ものすごく肉体的、精神的、環境的にも「きつい」「汚い」「危険」だという事で、3Kの職場だと言われています。
しかし、一体なぜそのように言われてしまっているのでしょうか。その理由の1つはやはり、労働環境があまり良くないという事が挙げられます。看護師の職場は、とにかく人が足りないといった点から時間外労働が多かったり、夜勤が多かったりします。ですので、働くにしてはものすごく労働時間が長いというのがその特徴でしょう。
また、ただの事務作業だけではなく患者と向き合う仕事になりますので、精神的にも肉体的にも疲れてしまう看護師が殆どです。また、看護の仕事が多い以上、患者から何らかのウイルスや菌をもらってしまうという可能性もあります。そのため、汚い仕事をしていると言われてしまっても仕方ないのかもしれません。それ以外にも、当然ですが入浴介護や排せつ介助などもありますので、多少の覚悟は必要になってくることでしょう。
危険な仕事だといわれているのは、患者の中には精神的な病を抱えている患者もおり、その患者から思いがけず暴力を振るわれてしまうということもあります。また、何らかのきっかけで、患者の抱えている病に感染する可能性があるという危険もあります。
将来は看護師になって、人の為に役に立ちたいと思う人もいるでしょう。しかし、3Kと呼ばれる実情があるということをきちんと踏まえた上で、病院で働く際には危険な目に遭わないよう事前に対策を講じておくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です